相模原市のI邸様ゴミ屋敷の片付け

2019/06/26 ブログ
ロゴ

昨日相模原市のI様邸ゴミ屋敷片付けを行ってきました、1階部分の片付けトータル2t車6台分の作業完了致し2階の片付けはまた梅雨が明けた時期にお願い致しますとの事でいったん作業は保留となりました。片付け作業の仕分け作業をしていると他の片付け業者さんの2015年の作業領収書が出てきました、このIさんは家庭ゴミを捨てる事が出来ずまたゴミ(お弁当)を床に積み上げて結局元のゴミ屋敷の状態にもどっていくという事を繰り返しています、今回の片付けでも一旦作業が終了するまで10日間程掛かっていますが台所には既にお弁当の容器が捨てられず溜まっておりました。このご夫婦はある意味で正常な生活より逸脱した精神状態に陥ってるように見受けられます、地域包括支援から支援をお受けして保健婦様や担当職員様が訪問をお受けしていますが改善の様子が無いようで、またゴミ屋敷に100%戻ると予想されます。おそらく奥様が少し軽い痴呆症にあるような感じで女性を捨てています、髪はボサボサ着ている物は私が見積りで伺ってから半月程経過してますがボロボロの同物を着ています、奥様が家庭の家事一切ができない事がゴミ屋敷になる大きな原因だと思いますが、ご主人も一緒に生活しているのに奥様の手助けを一切していなようですここに原因がありそうです。ゴキブリが大量発生しウジ・ハエ・コバエも発生し室内は防毒マスクが必要な程臭く日中でも雨戸を締切室内照明を点けてただテレビを見ているこの毎日を過ごすこの状態は明らかに異常です。何とかしてあげたいと思いますが、私は片付けることしかできません結局自分のこころに留め置き毎日の生活に流されていきます。