相模原市内の団地で孤独死による遺品整理のご依頼

2019/09/26 ブログ
ロゴ

 小田急線の藤沢駅近くビル内にある神奈川県西部地域を管轄するセンターの顧客様御担当の責任者様よりお電話頂きました、相模原市の団地でお部屋にて孤独死された方がおられたので、そのご家族に遺品整理の片付け作業をご紹介してよろしいでしょうかとお問い合わせがございましたので大丈夫とお伝え致しました。

 後日、ご遺族様の娘様よりお電話頂きまして、お見積りの日を調整させて頂きました。昨日お約束した日時でお知らせ頂いた相模原市南区の団地の3号棟の401号室に直接伺いお話しをさせて頂きました。ここのお宅もやはりお一人暮らをしておられた女性の方てして、お年をお聞きしたところ75歳の方でお亡くなりにになった原因は不明とのことで発見まで3か月ほどかかっておりしたとのことでした。

 やはり、発見が遅い場合は腐敗臭がかなりすごくて、お見積りに伺った時も玄関のチャイムを押すために玄関に近づいただけで異臭がしておりました、今回の第一通報者もお隣にご入居されている方が警察に電話をされたそうです。

 孤独死をされて発見が遅れると、すでにお部屋にはご遺体が無いくても室内はひどい惨劇になり、3か月もたった様な場合異臭がそれはそれはひどい状態になり防毒マスクなしでは3分もお部屋の中にいられませんしお部屋の中は虫だらけでそのほとんどが死んで床やあらゆる所に死んでいます。

 今回のお見積りがご遺体が発見されるまでお時間があった場合、上記の状態が創造できるので、持ってゆくものがあります、防毒マスクか活性炭入りマスクこれはお部屋の状態にによって使い分けをしており、それに靴カバー場合によっては防護服をきてお見積りを行いますが、今回は靴カバーと活性炭入りマスクで室内に入らせていただきました。

 今回のお見積りは団地管理事務所様からのご依頼事項がありまして、孤独死なされたお部屋は必ず室内消毒をお願いしますとの条件がありましたので、室内全室の消毒と遺品整理のお見積りとなりますした