昨日相模原市のNF様宅の遺品整理を行ってきました。

2019/10/02 ブログ
ロゴ

 昨日ですが、相模原市にお住まいのNF様お宅でご主人様がお使いになっていました2階和室6畳間だけの遺品整理を作業員2名で10時より2t車1台で作業を行いました。ご依頼主のNF様は足がふじゅうであまり歩けない状態なのでご自分で2階に上がりご主人のお書きになった遺言状を探すことが出来ないため今回弊社をケアーマネージャー様のご紹介でご依頼頂きました。

 今回の遺品整理の主な目的がご主人様が書き残した遺書を探し出してほしいとのご要望でしたので、特に片づける際に紙屑類には全て目をとうし遺言状を捨てないように注意深く作業を進めました、そうしたところそれは手書きの遺言状ではなかったのですがコピーした遺言状を見つけることが出来ました、オリジナルの遺言状がないか紙類を一枚一枚丁寧に探しましたがは見つかりませんでした、コピーの遺言状を探し当てた時に直ぐご婦人に手渡した所、ご婦人は見覚えのあるであろう字を見ながら他人の目も気にせず嗚咽のような声で目に涙をため私の手をとりありがとうありがとうございましすと何度も私におじぎをされて本当に恐縮し人からこんなに感謝されてこの仕事を続けられて本当に良かった思いました。

 後日、遺言状のコピーは正式な書面として法的にどうなのか私の不見識ではっきりした所はわからないですが後日遺言状について調べてみたいと思っております。

 2階のご主人のお部屋の遺品整理を終えて全ての物を2t車1台分に積み込み作業完了となりましたり足がふじゅうなご婦人に代わって2階のお部屋まで娘様にご確認を頂き作業代金を頂きのちいろいろとお話をしていたらガレージに置いてある物もなるべく早く片付けしたいのでということなのでこちらの御見積もさせて頂きました。直ぐに老人ホームに入居が決まっているのでまた娘様もアメリカ戻りここで永住されるのでNF様お宅は空き家になるのでゆくゆくはこの一戸建てを売却する予定でその時にはまた家財道具一式の処分もお願いしますと言って頂きご信頼を頂き本当に感謝いたします。